万病の元・冷え性に「ケイ素+ビタミンサプリ」がオススメの訳って?

男性の約3割、女性だと約7割が感じていると言われる「冷え性」。そんな冷え性には、「ケイ素+ビタミンサプリ」がオススメです。

ですが、「冷え性だけど、特に困ってはいない。」「ただ冷えているだけだし・・・」と思っている方も多いのでは?

「冷えは万病の元」と言われており、放って置くとカラダの様々な不調に繋がってしまいます。

この記事を読んで、あなたも冷え性について正しい知識を身につけましょう!

 

<冷え性の原因は?>

冷え性は、血液循環の悪化が一番の大きな原因です。
血液循環の悪化には、様々な要因があります。

・冷房や冷たい飲食物による冷え
・運動不足による筋肉の衰え
・ストレス、不規則な生活による自律神経の乱れ
・更年期の女性ホルモンの乱れ
・血管の老化
・ドロドロ血液

特に手の指先や足の爪先など、カラダの末端部分に冷えを感じる末端冷え性は、これらの要因が重なる事でカラダの末端の毛細血管に血流が行き渡らないことが原因です。

もちろん外的な冷えを防ぎ、温めるということも大事ですが、血管、血液、自律神経など、カラダの中から改善していくことが不可欠です。

 

<どうして「冷え性」だとダメなの?>

冒頭でもお伝えしたように、「冷えは万病の元」という言葉があります。

冷え=カラダの血行不良です。血液が正常に循環されないことで、次のような不調が起こる場合があります。

(1)体のコリ、関節痛、神経痛を招く。
(2)血色が悪くなり、くすみやクマの原因にもなる。
(3)免疫力が低下する。
(4)新陳代謝が落ちる。
(5)鬱病の原因になる。
(6)生殖能力が衰える。
(7)便秘になる。
(8)消化不良になる。

これら以外にも、血行不良によってカラダの隅々まで酸素や栄養が行き渡らなかったり、有害物質や疲労物質が溜まってしまったりして、様々な不調に繋がります。
冷え性であることは、そのリスクを高めているということなのです。

 

<冷え性改善には「ケイ素」が大事!>

「ケイ素」は、骨、筋肉、皮膚、血管、内臓、髪、爪、脳など、人体のあらゆる場所に存在している必須ミネラルです。

様々な老化現象(エイジング)は、ケイ素の不足が大きく関わっているとされています。

なぜなら、カラダ中に必要な栄養素であるにも関わらず、体内で生成ができず、さらには食事によって摂取することが難しいため、年齢と共に体内の貯蔵量が減少していくからです。

このケイ素をしっかりと摂取することによって、血管の細胞の構成成分として働き、傷ついた血管壁や硬くなった血管を修復して、強くてしなやかな血管にしてくれます。
さらにケイ素には高い脂肪分解力があり、血管内にこびりついた志望やコレステロールを分解して、体外に排出してくれる作用もあるのです。

血管を改善することで、冷え性に効果があるだけでなく、生活習慣病の予防にも繋がります。

<ケイ素+ビタミンサプリがオススメの理由>

「ケイ素+ビタミンサプリ」は、栄養素としてのケイ素を最大限吸収できるように特殊に加工された「水溶性ケイ素」が原料となっています。

しかも、一日たった3粒で、必要量のケイ素を摂取することができます。

さらに、ケイ素と相性がよく、血管に作用してくれるビタミン類も配合されています。

ビタミンB1:代謝を促進し、からだを動かすエネルギーを産生してくれる。
ビタミンE:抹消の血管を拡張させて血行をよくし、女性ホルモンの分泌を調整してくれる。
ビタミンC:鉄分の吸収を促進し、毛細血管の機能を保持してくれる。
パントテン酸:代謝を補助し、自律神経を活性化してくれる。

 

冷え性で困っている方、血管の老化を防ぎたい方は、ケイ素の摂取をしてみましょう!

 

【ケイ素+ビタミンサプリについて詳しくはこちらの記事をご覧ください】

 

Facebook にシェア
Pocket

整体院の激ウマ★健康レシピ

  • 東葉食堂

    東葉コンディショニングがおくる 季節の不調を激ウマ料理で乗り切るための健康レシピ。全72メニュー。

ほかのレシピを見る

PAGE TOP ↑