ファスティングで健康改革! 加賀谷社長インタビュー!

 

■㈱トップランナー代表取締役 加賀谷慶太■

 

 

今回は、自らの酵素ファスティングとの出会い、酵素ファスティングを実際やってみての感想、なぜ当社サービスメニューに酵素ファスティングを導入したかなどをお聞きしました。

 

 

⚫酵素ファスティングに興味を持ったキッカケは?

整体師として数年たった頃、2005年くらいだったと思いますが、健康関係の本で格闘家の小川直也さんが酵素ファスティングをしているという記事を見たのがキッカケです。

ダイエットが主というよりも、肉体改造、体調アップに酵素ファスティングやって、目がスッキリ・視界が良くなるとか、味覚が変わるとか、五感が研ぎ澄まされるようなことが書かれていて、自分も1回試してみたいと思いました。

 

⚫初めて酵素ファスティングをやってみてどうでしたか?

酵素ドリンクを販売している会社のホームページに、ファスティングのやり方が紹介されていたので、それを見ながら実施してみました。

正直、その酵素ドリンクの味が苦手だったのと、食べたい欲求が中々収まらなくてめちゃくちゃ苦しかった思い出があります。

その当時は、まだタバコを吸っていたのですが、断食期間中不思議と「タバコを吸いたい」と思うことがなく、「何か食べたい」欲求ばかりが強く出ていました。その時に、人間飢餓状態になった時に、ほんとうに身体に必要なものを欲しがるんだなと気づいて、それがキッカケでなかなか出来なかった禁煙が出来ました。たまたまかもしれませんが、まさか酵素ファスティングで禁煙ができると思ってなかったので良かったです。

 

 

⚫酵素ファスティングで禁煙できたとは凄いですね。他に感じたことは?

食べたい欲求も最初の2日間位で、それが過ぎると不思議と酵素ドリンクだけで平気でした。カラダがどんどん軽くなり、たしかに五感が研ぎ澄まされるような感覚を得ることが出来ました。特に、酵素ファスティングが空けて、ちょっとしてから友人と馴染みの居酒屋に行ったんですが、味が濃く感じて食べ物が以前のように美味しくない。あれには驚きましたね。味覚の変化は一番すごかったと思います。

 

体調を改善したいとか、疲労を回復したいと考えた時に、「栄養のあるものを食べよう」と思考が働くことって多いと思いますが、逆に食べ物を抜き胃腸のコンディションを整えることで、自然治癒力が上がり、体調が劇的にアップするということを経験できたのは良かったです。

これは定期的にやらないといけないなと思いました。

 

 

⚫2015年頃から、当社でも酵素ファスティングメニューを導入しようと動き始めましたが、そのキッカケは何だったんでしょうか?

 

初めて酵素ファスティングをやった時、その効果は十分体感できていましたが、酵素ドリンクの味が苦手で”苦しい”という思いも強くて、なかなか自社のメニューに取り入れるところまでは考えられませんでした。

ところが、東京ビッグサイトで行われていた健康系のイベントに参加した時、たまたま酵素ドリンクやファスティングをアシストするフードを試食したんですが、これが普通に美味しい。これならそんなに苦しむことなく、酵素ファスティングが出来るなと導入を検討し始めました。

 

それから、酵素栄養学や腸内環境について学んだことも大きかったです。

酵素栄養学を学んで、食に対しての意識が大きく変わりました。

食事をするということは、食品添加物や遺伝子組み換え食品、成長ホルモンを投与された魚や肉が、私たちの体の中に入ってくるリスクがあるということです。 結果、消化にエネルギーを使うので、疲労回復の代謝に回らず、疲れが取れにくくなります。食べるものによっては、腸内環境が乱れ、免疫力が下がり病気になりやすくなってしまいます。

我々は、整体師ですからカラダの歪みからくる骨格筋系の症状、腰痛や肩こり、首、ヒザ、股関節などの痛みやシビレの改善は得意にしていますが、生活習慣病やアレルギー疾患、精神疾患など対応が難しいものも多いです。

でも最近、来院者される方々を見ていると、アトピー性皮膚炎や花粉症、金属アレルギーなどのアレルギー疾患を持っている方は非常に増えていますし、精神疾患とまではいかなくても、ストレスを抱え自律神経を乱している方も多いと実感しています。ヒザや股関節への負担を減らす意味でも、少しダイエットをしたほうが良い方もいます。

 

それらを解消するには、酵素ファスティングは非常に有効で、定期的に実施してカラダのコンディションを整えられるようにと考えメニュー化をしました。

 

 

⚫では、加賀谷社長ご自身のことについて聞きます。酵素ファスティングをやる前、困っていたことは?

 

大きく3つあります。

1つ目は、体重が若い頃より10キロ以上増えたこと。体重は、75キロ以内に抑えておきたいのですが、ピークで86キロまで太りました。カラダは重いし、いつも疲れが残っている感じだし、たまにあちこち痛くなって仕事にも支障が出てきたり・・・。しまいには、女房や娘にも「パパが太るとは思わなかった」なんて言われ、これはイカンなと思いました。

 

2つ目は、健康診断の数値ですね。血圧も上が130を超えて、たまにフワフワしているような感覚に陥ったり、〇〇と〇〇の数値は完全に異常値になっていました。メタボ予備軍なんて、中年のおっさんみたいで(中年のおっさんですが)カッコ悪いし嫌じゃないですか。

それから、原因不明の皮膚疾患や金属アレルギーなんかにもいつも間にかなっていました。

 

3つ目は、当社はスタッフの平均年齢が20代と非常に若い組織です。整体という仕事柄、体力のあるスタッフが揃っていますが、自分もそんな若手に混じって整体師としての施術と社長業務の二刀流で仕事をしています。でも、年齢も40代後半になり、ここ最近スタミナが落ちていると実感。まだまだ若い人達には負けたくないし、自分のパフォーマンスが落ちることがやっぱり許せない。

 

それらを解消するには、ダイエットをして腸内環境を改善させ、体全体のコンディションを上げる必要があると思い、意を決して2016年8月から3ヶ月間で3回酵素ファスティングを実施しました。

 

 

⚫どのように酵素ファスティングを実施したんですか?

 

やり方は、当院が推奨している準備期2日、断食期3日、復食期2日と一週間かけて行うスタンダードな酵素ファスティングプログラム「集中3日間コース」です。

準備期の朝は、500mlのペットボトルに水素水480mlとビタミンやミネラルを含んだ酵素ドリンク20mlを入れ、水素水酵素ドリンクを作って飲みます。使用している酵素ドリンクは、エステプロラボのハーブザイム113グランプロシリーズです。

鮮度と産地にこだわった113種類の国産植物を贅沢に使用し、植物酵素原液を98%配合した優れもので味も美味しいですよ。酵素ドリンクは3種類ありますが、個人的には生姜を高配合したグランプロジンジャーが好きです。

 

昼と夜は、これもエステプロラボの酵素栄養学に基づいて研究開発された酵素ファスティングアシスト食、ファストプロミールを食べます。

動物性原料や化学調味料、合成着色料、香料、白砂糖や人工甘味料などを一切使用せず、トランス脂肪酸フリー、コレストロールフリーでありながら、なかなかの美味しさなので気に入っています。個人的には、ファストプロカレーザイムとファストプロガユが好きです。

足りなければ、これにプラスして味噌汁や豆腐、野菜を摂ったりします。高脂質や高タンパクの食材を避け、食べすぎないように心掛けます。これを2日間やります。

 

断食期は、500mlのペットボトルに水素水400mlと酵素ドリンク100mlを入れ、水素水酵素ドリンクを作って飲みます。これを1日3本、あとは水素水やハーブティーなんかで1日過ごします。これを3日間繰り返します。

 

復食期の2日間は、基本的に準備期の2日間と一緒で、水素水酵素ドリンクとファストプロミールを食べます。急に元の食事に戻すと不調を感じたり、リバウンドしやすい状態になったりするので、徐々に胃をならすように食材を考え、量を増やしていくのが大切です。

 

いきなりファスティングをするのではなく、前後に2日ずつ準備と復食の期間を設定し、体に無理の無いようにファスティングを行うようにしています。

 

 

⚫実際、酵素ファスティングをやってみてどうでしたか?

 

1回目の時は久しぶりだったこともあり、準備期に「もっと食べたい症候群」に襲われ、断食の初日には、極度の眠気に襲われました。

これは、酵素ファスティング中、食事を摂らないのでカラダは飢餓に備え余計なエネルギーを使わないようにカラダを休ませようとします。要は、ファスティング中の眠気は、カラダが省エネモードに入ったサインなんですね。

ちょうど何かあったら嫌だなと思い、この時期を仕事の休日に当てていたので、1日ゴロゴロしながらゆっくり体を休ませていました。

断食の2日目からは、頭もカラダもスッキリ軽くなり仕事の集中力も上がり良かったですね。

あと、ファスティング期間中もの凄くぐっすり眠れるので睡眠の質が高まるのがわかります。コレも体調改善につながっているのでしょう。

ファスティングをやってカラダの爽快感を感じると、日頃いかに飲食でカラダに負担を掛けているかがわかり、食生活を見直す良いきっかけになりました。

 

 

⚫酵素ファスティング中、頭痛や眠気を一時的に感じる方はいます。

これは細胞が活性化したことにより、デトックスがしっかり行われているカラダの反応です。ファスティング中の眠気は、加賀谷社長が先程おっしゃった通り、カラダが省エネモードに入ったサインです。この作用で、冬眠のような眠気やだるさ、寒気などが出る人もいます。頭痛については、低血糖によるものが多いです。日常的に甘いものを食べる習慣があると、血糖値を安定させる

カラダのシステムが疲労していることが多く、ファスティング中頭痛の症状が出る事もあります。特に白砂糖を摂る習慣がある人に多くみられます。「甘いものを食べ過ぎてるな・・・」と自分の食生活を振り返るきっかけになると思います。

日常的に、ジャンクフードやコンビニ食品、インスタント食品、スイーツを多く食べている人、不規則な食生活をしている、普段から片頭痛のある人はこれらの症状が出やすいので、普段の食生活を見直したり、ファスティングを重ねてデトックスされていくと、こういった症状は軽減されていきます。

 

 

そうなんですね。私の場合最初のファスティング実施以降、普段の食事も大きく変わったので、その後もファスティングを定期的に繰り返していますが、特にカラダに不調を感じることはありません。

 

 

⚫酵素ファスティングをやって具体的にどんなところが改善されましたか?

 

まずは、体重ですが2016年7月時点で86キロありましたが、酵素ファスティングを3回繰り返した10月には75キロ台まで落ちました。お腹が出て敬遠していた服などが、スマートに着ることができて嬉しかったですね。

【ファスティング開始前】

-9kg!!

 

【ファスティング終了後】

 

 

それから健康診断の数値が良くなりました。

中性脂肪の数値が800オーバーとかなり高い数値だったのに、正常値の115まで少なくなりました。
これには私が一番驚いていますよ!(笑)

 

あと、びっくりしたのがお医者さんからもらった薬を塗ってもなかなか改善しなかった皮膚疾患が全て治り、金属アレルギーまでもなくなっていました。

ベルトのバックルがお腹に直に当たると、すぐ真っ赤にかぶれて痒くてしょうがなくなっていたんですね。なので、ベルトをする時は常にインティー(笑)。それが直にベルトがお腹に当たっても大丈夫になったので、今年の夏はTシャツをズボンの中に入れずに着れてました。ついでに、腕時計も新しいのを買って付け始めましたよ。

 

酵素ファスティングを繰り返しやって、体調がもの凄く良くなったのが嬉しいですね。カラダがずいぶんと楽に感じるようになり、イライラする事も減りました。集中力が増し、体力気力もアップです。

 

 

⚫ダイエット後のリバウンドについてどう思いますか?

「今まで散々ダイエットに挑戦して来たけど…数週間後にはリバウンド」、「趣味はダイエット、特技はリバウンド!」なんて方もいらっしゃいますよね!笑
炭水化物抜き、糖質カットダイエットなどのカット系ダイエット法、ウォーキングや筋肉トレーニングダイエットなどのエクササイズ系ダイエット法など、色々なダイエット法がありますが、健康的にスマートな体型を維持するにはやっぱり食事がいちばん大切だと思います。

要は、ダイエットと一緒に食生活や生活習慣を改善させていかないと、何をやってもリバウンドする人はしてしまうと思います。そういう意味では、ダイエットと並行して食に関しての勉強は必須です。

 

当院の酵素ファスティングの会員さんから、「ファスティングが終わってからむしろ体重が減った」なんて話もよく聞きます。これは食生活や生活習慣が変わり、体質改善が図られることで太りにくく健康なカラダが作られていっているんですよね。ご本人さんと当院のファスティングカウンセラーの努力の結晶とでも言いましょうか、大変嬉しく思います。

 

私自身、酵素栄養学を学び、酵素ファスティングを実施したあとでは、食事の嗜好が自然に変わりました。肉料理やラーメン、中華などの炒め物や揚げ物の食べる量が激減し、野菜、そば、キノコ、納豆、ナッツ、亜麻仁油などを摂る量が自然に増えました。無理をしてそうしているんではなく、カラダがそういうものを欲しているんですよね。お酒も大好きだった日本酒がなんか甘く感じるようになり、今は芋焼酎がメインになっています。

 

「ダイエットはツラいもの」と思っている方も多いと思いますが、食生活を変えて健康的にキレイにシェイップアップするということを理解できれば、ツラさを感じることなく、リバウンドすることなく、ダイエットに成功すると思います。

 

 

⚫加賀谷社長もリバウンドすることなく、いつまでもカッコよく健康でいて欲しいと思います。(笑)さて、最後にカッコよさを取り戻した㈱トップランナーの社長として一言を!

 

そうですね。(笑)あまりプレッシャーをかけないでね!

 

2016年秋から当社では新たに「酵素ファスティングサービス」「健康食品」をはじめとする、「からだナチュラル」事業を、「東葉コンディショニング」の整体事業に次ぐ、第2ブランドとして立ち上げました。

・「痛みと戦うあなたを全力でサポート」をコンセプトに、整体を通じてカラダの外からアプローチする「東葉コンディショニング」の      整体事業

 

・「カラダの中から健康に美しく ~カラダもココロもシェイプアップ~」をコンセプトに、カラダの中から健康を目指す「からだナチュラル」事業

当院は多くの競合他院とは異なり、来院者様一人ひとりの身体の状態に合わせ、独自の整体療法と、食、エネルギーなど体の内外からアプローチできる業界初のワン・ツー・ワン型 整体院を目指しています。

 

腰痛などの慢性痛はもちろんのこと、シニア層に多い脊柱菅狭窄症や股関節・膝関節など歩行に必要な運動器の不調、女性特有のお悩みである不妊、ダイエット、アレルギーや冷え症、更年期障害など、長年培ってきた整体技術と酵素ファスティングや波動調整で、皆様方のカラダが本来持つ自然治癒能力を最大限に引き出して、カラダの不調の改善を図っていきます。

 

いつだって笑顔でいたい!どんな時でもキレイに健康に!を叶えるのが、私たちの役目です。

どうか1人で悩まず、お気軽にご相談して頂ければと思います。

 

 

皆さんいかがだったでしょうか?当社には、加賀谷社長以外にもアトピー性皮膚炎が改善した、重度の花粉症が改善した、20キロもの減量に成功したというスタッフもいます。

私たちは「生活習慣病」を予防する酵素ファスティングプログラムを通じた酵素栄養学の普及や予防医学に基づく波動セラピーなどの提供を行っています。

中でも、メタボリックドミノの解消に力を入れて取り組んでいます。


メタボリックドミノとは、
・食べ過ぎや飲み過ぎ
・運動不足
・寝不足
・ストレス
などの生活習慣の乱れが原因となり、メタボリックシンドロームになります。

メタボリックシンドロームになると、高血圧や食後高血糖などが引き起こされ、進行すると、糖尿病や動脈硬化症になりやすくなります。そうなると、まるでドミノ倒しのように連鎖的に様々な病気が起こり、進行するとドミノが倒れるように、脳卒中や心筋梗塞で倒れたり、悪化すると命にも関わる病気へと進行してしまうのです。

私たちは、メタボリックシンドロームの解消が、健康寿命の延伸につながる、と考え酵素ファスティングサービスを中心に、メタボリックシンドローム解消のサポートをしていく取組みを行っています。

お体の不調でお悩みでしたら、いつでもお気軽にご相談下さい。お待ちしています!

◆酵素ファスティング:からだナチュラル
http://www.karadanatural.com/

◆東葉コンディショニング 東京院
http://www.dekiru-no1.com/

◆東葉コンディショニング 八千代院
http://www.toyo-care.com/

◆酵素ファスティングに関するブログ記事はこちら
http://www.karadanatural.com/blog/category/blog002/

Facebook にシェア
Pocket

整体院の激ウマ★健康レシピ

  • 東葉食堂

    東葉コンディショニングがおくる 季節の不調を激ウマ料理で乗り切るための健康レシピ。全72メニュー。

ほかのレシピを見る

PAGE TOP ↑